株式会社N&H

LINE 電話

NEWS お知らせ

こころ整骨院 池田店|大阪府池田市

よく聞くヘルニア、どういうものか知っていますか?

新着情報

こんにちは!こころ鍼灸整骨院の渡辺です

みなさんはヘルニアというものを知っていますか?

「聞いたことがある」「聞いたことはあるけど、よくわからない」という人は多いと思います。

そういった方のために腰のヘルニアについて説明していこうと思います。

 

 

椎間板ヘルニアとは

脊椎は、椎骨と呼ばれる骨が連結してできています。腰椎とは、脊椎の下のほうにあり、5個の椎体で構成された部分です。椎体と椎体の間には椎間板があります。椎間板は、水分をたくさん含んだゼリー状の髄核(ずいかく)と、それを取り囲む線維輪(せんいりん)と呼ばれる軟骨組織の二重構造になっており、腰椎に加わる圧力を分散させ、衝撃を和らげるクッションのような役割を果たしています。

しかし、加齢などによって髄核を取り巻く線維輪が弾力を失うと、小さな亀裂が入って、髄核の一部が外に飛び出します。この押し出された髄核が神経を圧迫するため、腰に痛みが生じるのです。この状態を放置していると、髄核がどんどん押し出されて、痛みやしびれがだんだん強くなっていきます。

腰椎椎間板ヘルニアは、高齢者よりも20代から40代にかけての比較的若い男性に多い病気です。前かがみや中腰の姿勢を長時間続けたり、重たいものを急に持ち上げたりしたときなどに発症する危険性があります。

 

 

原因

椎間板には、全身の体重を支えるために、いつも大きな圧力がかかっています、そのため「座る」「立ったまま前屈みになる」といった日常の何気ない姿勢や動作でも、体重の約2.5倍の圧力がかかると言われています。こうしたことの繰り返しが椎間板に変性をもたらし、椎間板ヘルニアに発展すると考えられています。

腰椎椎間板ヘルニアのおもな原因は、背骨に負担をかける行為です。重いものを持ち上げる、何かを引っ張る、体をひねるといった動作、長時間の立ち仕事や長時間の座り仕事など同じ姿勢を続けること、あるいは体重の増加なども椎間板ヘルニアの要因になります。

また、姿勢や動作といった外的要因だけでなく、もともとの体質や骨の形などの先天的要因や、加齢による椎間板の老化なども椎間板ヘルニアの原因として考えられます。

 

椎間板は、中心部に髄核(ずいかく)と呼ばれる、ゼリー状の柔らかい組織があります。背骨に負担がかかる姿勢や動作によって椎間板が変形したり、加齢によって老化すると、椎間板に徐々に亀裂が広がり、ゼリー状の袋のような組織が破れてしまい、周囲の神経を圧迫します。それが痛みやしびれを引き起こす原因となっているのです。

 

 

症状

腰椎椎間板ヘルニアの症状には、急性型と慢性型があります。急性型は、重たい荷物を急に持ち上げたときや、くしゃみをしたときに起こるものです。痛みが激しく歩くこともできなくなる場合もありますが、次第に症状は軽くなります。しかし、そのまま放っておくと、さらに椎間板から髄核が押し出されて、神経を圧迫してしまうため、慢性的な痛みへと移行します。

どちらのタイプも腰の痛みのほかに、左右どちらかの太ももから膝、足にかけて激しい痛みが起こる坐骨神経症を伴うケースが多いようです。腰椎は5個の椎体と5個の椎間板で構成されています。そのうち、ヘルニアを起こしやすいのは、第4腰椎と第5腰椎の間にある椎間板と、第5腰椎と仙骨の間にある腰椎です。前者のヘルニアでは、ふくらはぎの外側から足の親指にかけて、後者では膝の後ろ側から足の裏側にかけて、痛みやしびれが起こります。

腰椎椎間板ヘルニアの場合、背中を伸ばしているときや、寝ているときは痛みが楽になります。反対に、背中を丸めたり、前かがみになったりすると神経が圧迫されて痛みやしびれが強くなるのが特徴です。

 

 

予防

腰痛は、ほとんどの場合、日常の何気ない姿勢や動作によって引き起こされます。腰に負担をかける行動を避けることによって、椎間板ヘルニアの発症を防ぐことができます。ストレッチをしたり、筋力を強化したり、体重の増加を避けることも大切です。以下のリストを参考にして、普段から腰に負担をかけない行動を心がけていきましょう。

 

<日常生活における椎間板ヘルニアの予防策>
・長時間にわたって同じ姿勢を取り続けないように気をつける
・仕事や家事をするときは、適度に休憩し、体をほぐす
・床に座るときは、腰に負担がかかるあぐらは避ける
・掃除機をかけるときなど、前屈みの姿勢は避け、上半身を起こした状態で行う
・背筋や腹筋を鍛える運動をする
・体重が増えすぎないように食生活に気を配る

 

 

 

私たちは今現在の症状が何故起こってしまったのかを考え、その原因に対して治療を行うことで今後も辛い症状に悩まなくてもいいお身体を目指していきたいと考えております!!

 

当院では、しっかりと原因となっている歪みからしっかりと治していくための治療も行っておりますので、

・ご自身の姿勢が気になる

・今まであった症状とおさらばしたい

・今後症状を出したくない

 

と思った方は是非一度ご来院して頂けたらと思っております!!

q

少しでも気になっている症状、お悩みの症状がありましたら、ぜひ一度当院にご相談ください!

 

 

 

 

 

こころ鍼灸整骨院はホームページやSNSでも情報を発信しております!!

ぜひチェックしてください!

※下記の単語をクリックすると、それぞれのところへ飛べるようになっています。

ホームページ(院や治療法の紹介など)

LINE公式アカウント(LINEからもご予約できます!)

Instagram(役立つ情報発信中)

Googleサイト(当院の口コミも宜しければお願いいたします)

 

 

こころ鍼灸整骨院 池田院

〒563-0056 大阪府池田市栄町3-16

当院は予約優先制を実施しておりますので、

ぜひお電話をお待ちしております。

他のお知らせ NEWS

もっとみる
お知らせ
2018/09/11

肘内障 子供が腕を動かさない 子供が泣いたまま 原因分からず 20代女性 池田市室町より来院 こころ池田整骨院

お知らせ
2023/11/25

冬場に起こりやすいギックリ腰について

お知らせ
2020/08/23

コロナ対策

お知らせ
2018/02/04

冷え性 手足が冷たい 冷た過ぎて痛い 台所仕事が辛い 靴下二枚ばき 運動不足が気になる 30代女性 新町より来院 こころ池田整骨院