2019/01/03
腰椎椎間板ヘルニア

 

新年明けましておめでとうございます。

今年もこころ整骨院をよろしくお願い致します。

 

今日は腰椎椎間板ヘルニアについてお話しします!

ヘルニアの原因
椎間板は線維輪と髄核でできていて、背骨をつなぎ、クッションの役目をしています。その一部が出てきて神経を圧迫して症状が出ます。椎間板が加齢などにより変性し断裂して起こります。
悪い姿勢での動作や作業、骨格の歪みなどでヘルニアが起こりやすくなることが知られています。

 

腰椎椎間板ヘルニアの主な症状は、腰痛です。また、神経が圧迫されることによりしびれ、痛み、運動障害など神経症状が現れることもあります。特に神経根が圧迫されることにより、足やお尻周辺にしびれや痛みを生じることが多いです。下肢の運動神経が麻痺すると筋力が低下し、つまずきやすくなったりします。

 

 

 

当院では、痛みを緩和させる鍼治療やヘルニアの原因の一つの骨格の歪みを取る治療を行っています。

もしこの様な症状で今まで色々な整骨院などを行ったが、治らなかった場合は当院にご相談ください。